少し前までは凄く寒くて、ダウンを着たり、マフラーをしたりと完全防備で過ごしていました。
今年新しく買ったモコモコの手袋も大活躍です。
でも、この真冬に、気がつくと春のような気温になった日もあってびっくりしました。
天気予報を朝にしっかり見ないで出勤したら、昼休みには汗をかくほど暑かったのです。
上下とも着ているヒートテックを脱ぎ捨てたくなるほどに暑くて、逆に何だか疲れてしまいました。
それなのに、帰社時間にはまた寒さを感じるくらいに気温がぐっと下がり、風も強くなって寒さにさらされた感がありました。
帰る方向が同じ同僚と駅まで歩きながら、コートの襟を立てて頬をガードしつつ、「このジェットコースターのような気温のアップダウンはなんなの!」と叫んでいました。
駅で電車を待つ間には、日中、温かい時間に家を出た人たちが、薄着で外出したのに夕方の急な温度の低下に直撃されて、顔を青くしながら震えている人も多くて、みんな急激な温度変化に困惑している様子でした。
私の場合は、いつもの冬スタイルで出勤したのが不幸中の幸いでした。

Youtubeからスマホやパソコンにダウンロードする方法が書かれたサイトが色々出て来ますが、これって皆一体どういう目的でダウンロードしているのかが気になります。
遺法動画をダウンロードすることは禁止していますと書いてありますが、遺法動画っていうのは具体的にどこまでが遺法動画なのでしょうか。
著作権フリー素材として出している物以外は私から見たらどれも遺法の物のように思えて来ますが違うのでしょうか。
もし過去に自分がアップロードしたペットの動画などを載せていて、それをダウンロードしたいと思うのならば問題ないでしょう。
しかしテレビ番組とかレコードを流し ているような映像はダウンロードすると遺法になってしまうというのでしょうか。
けどアップするのも遺法だと思いますが、当たり前のよう日本人アカウントたちもテレビ番組などを沢山投稿しているのを見掛けます。
何かダウンロードをしてみたいけど遺法だったら分からないので下手に手を出せません。