私は自分の好きなものが悪く言われたりしているのを見たりするのが嫌なので、自分の好きなアーティストの2ちゃんねる系の掲示板は全く見ません。
友達が掲示板の話をしている時は「そういう話やめて」と言ってしまうくらいです。
しかしそんな私が気分がおかしくなったのでなんとなく普段全く見ることがない掲示板を見てしまいました。
そしたら色々と叩かれていますね。
ライブの常連の人が叩かれていました。
出待ち行為が禁止されているライブハウスで出待ちしていたりとか、ツイッターでのリプライが痛いとかそんなことが書かれていました。
びっくりしたのは私が以前交流していた人も叩かれていた ことです。
どうして叩かれていたのかはよく理解出来ませんでしたが「おばさん」と掲示板では言われまくっていました。
陰口は良くないと思いますが、確かに私もこの方と交流している時に「どうしてそんな上から目線の発言をするのかな?」と違和感を感じたりしたことがありました。
だから書かれてしまうのも分からなくもないような気がします。

自宅から歩いて約20分のところにあるヨガスタジオで、不定期にレッスンを受けています。アットホームな雰囲気が気に入ってレッスンチケットを買いましたが、自宅から徒歩約20分というアクセスの悪さがネックになってスタジオに通えず、チケットを使い切れなかったことが何回かありました。
7月の初めに「今度こそレッスンチケットを使い切ろう」と思って、有効期限2か月の4回分チケットを購入。買ってすぐに2回分を消化しました。
ところがその後はスタジオになかなか足を運べず、8月に入ると雨の日が多くなり、スタジオからますます足が遠のいてしまいました。20分歩くのが面倒なので、雨の日にはレッスンの予約を入れないようにしているのです。
気が付いたら有効期限があと1週間になってしまいました。「チケットを使わないともったいない」と思った私は、つい先日、都合がついたのでようやくレッスンを受けることができました。
これでレッスンチケットの残りはあと1回分だけになったので、何とかして使い切りたいと考えています。

私の文章は、お世辞にも上手とは言えません。
文章を書くまでは、記事を読んでは、上手だ下手だと勝手なことを思っていました。
上手い人の文章は、胸にぐっときたり、すごい…と思わせてくれます。言葉少なになってしまうのです。
その逆の場合は、誤字が多いな、テレビで見たとおり書いているな、とか突っ込む言葉が増えていくように思えます。
ところが、いざ自分が文章を書くようになると、他人のことを言えないな…と感じるようになっていきました。
事象に対して、ぴたりと言い当てることが難しいです。
文章が上手い人は、表現がいくらでもあるから、事象へたどり着くのにいろんな道を持っているように思えます。
わかりやすく、楽しい文章を書く人は、普段から言葉を増やし、引き出しを多くするようにしているのでしょう。
私も文章を書き始めるようになってから、新聞を読んだり、考えていくようにしていますが、なかなか納得いく文章を書くことができません。
でもあきらめずに、これからも読ませる文章を書いていけるようにしていきたいと思います。アリシアクリニック 予約

先日、朝の通勤電車に乗っていた時のことです。ドアの故障・点検のため、遅延も発生していました。電車の本数も減り、乗車人数がいつもよりも増えていました。
なんとか電車に乗り込むと、すし詰め状態です。人がなんとか押し込まれて電車は進みます。私はドア付近にいました。揺れる度に、中央の人は体を投げ出し寄りかかっているためか、骨折しそうなほど押し潰されます。都内に住み始めて5年ですが、一番の圧迫でした。
街や経済が発展するのは良いことですが、東京23区は特に、住む場所ではない気がしています。とは言うものの、仕事があるのは都心ですからどうにもならないんですが。お金が有ろうが無かろうが、気が強かろうが弱かろうが、ある程度の快適な環境というものは整えていてほしいものです。不快指数だけで考えれば、日本は後退しているんじゃないかな?と思わざるを得ません。例えば2020年のオリンピックを経て、そのあたりも考えられていけたらいいと思います。ベルタ葉酸 市販

普通にまじめに生きてきた私は、この度生まれて初めてのオンライン詐欺にあってしまいました。今月末の請求で、行っていない、行く予定もない、テーマパークのオンラインチケット購入の支払いとホテル代、しめて10万円ほど…どこで私のカード情報を盗まれてしまったのか、全く覚えがないのですが、これは現実です。と思ってみれば、今の世の中結構怖いですね。オンラインで物を購入したら、普通にクレジットカードの番号を入力して、その裏のあるセキュリティ番号を入力するだけで、お買物ができるんですから。その入力したオンラインのショップが怪しくないとは絶対に言えないのです。お店で購入して、クレジットカードを渡したショップの店員さんも怪しかったのかもれません。今の世の中、性善説に基づいて、みんなを信用してきたけれど、信用できない世の中なんだと実感しています。と思って、怖くなったので、とりあえずは、クレジットカードを持つのをやめてみました。が、そうすると、結構不便です。オンラインで物を買ったら、振込か代引きか、そのどちらにしても、手数料が取られてしまいます。安心と手数料、どちらを優先するか、迷っています。キャッシング 比較

大震災から5年以上経過して尚、福島の原発は事態が収束する目処すら立っていない。この状況でオリンピックが開催されるとして海外からのお客人に安心して来日してくださいと言えるのだろうか。冷やすだけで精一杯、廃炉どころか核燃料を除去するのに何十年必要かも分らない。
現在の技術では、正常に廃炉できても大量の核廃棄物が残るのは確実だ。その処理費用・場所などは開発当初から全く考慮せずに運転開始に踏み切ったのだろう。子孫に美田を残さずどころか、超巨大な負債を残すなど並の神経では受け付けられない愚行である。にもかかわらず、今の生活を守るためとか、安い電力がないと競争できないなどの貧相な理由から原子力発電は稼動され続けてきた。
太陽光発電や風力発電など、自然エネルギーの開発や普及が一時は持て囃されたがそれは国からの補助金あっての話で、ある程度の金額を業者が儲けた時点で梯子は外された。先を見通すことなく、今だけ儲けられて凌げればそれでよしとするような組織に明るい未来などありはしないと気がつくには、後どれほどの失敗が必要となるのだろうか。

そそっかしい私が先日もショッピングセンターでやらかしました。その日もいつも通り食材をカードのまま駐車場に運び、車に積みこもうとしたのです。しかし、運転席のドアのボタンを押したのに、うんともすんともいいません。おかしいなぁ…キーの電池切れなのかな?とバックからキーを出して、そのキーでオンオフしてみてもぜんぜんダメ。接触が悪いのかしらとドアをスイッチを何度も押していると、「ちょっと!何してるの」と後ろから声が。振り向くと、そこに強張った表情の若い女性が立っています。「何してるって?車のドアを開けているんですけど」と言いながら車内を見たら、なんか景色が違います。「あれ?」と前に回ってナンバーを見たら、私のじゃない!思わず「きゃああ」とビックリして声を上げてしまいました。なんと、私の車は1列違いで止めていたのです。車種が同じだったのですっかり自分の車だと思いこんでしまった私。アタフタしている私に、苦笑いの女性。あわてて「すいません!」とお詫びして、逃げるようにその場を立ち去りました(汗)。

いつも季節の変わり目というのは、次の季節にどんな服を着ようかと悩むタイミングであります。
あまり服装にこだわりがないというか、それほどオシャレをしたいとも思わないので、いつも服は必要になって買う感じです。
なので、あまり流行を追うということもしないのですが、それでも、トレンドなんかは多少考えたりします。
最近では、トップスに少しボリュームをもたせたり、大きめのものを合わせるのが人気です。
個人的にも、そういうコーディネートは動くのも楽だし、手持ちのアイテムと合わせやすいと思っています。
街で見かける人の服装でも、「あ、こういう感じのがいいな」と思うのは、だいたいそういうテイストのものだったりします。
でも、みんながよく行くお店で服を買って、友だちなんかと被ってしまったりすると少し恥ずかしい気がします。
欲しい服や系統というのはある程度固まっているのですが、そういう服を売っているお店がよくわからないんですよね。
それで、結局いつもの無印良品とかになってしまったりするので、ちょっとは勉強した方がいいのかなと思ったりします。

先日、我が家の10年使ったテレビが壊れました。地上デジタル放送が開始されたときにいやいや購入したテレビです。
それまでは懐かしのテレビビデオを使ってきました。やっと操作になれてきたころに交換せざるをえなかったので、そのときもとても苦労して使い方を覚えたんです。
そのとき最新のものを買ったので、画面の大きさや機能にほぉーと感心したものです。今では録画機能も使いこなして2番組同時録画で好きな番組を楽しんでいたのに突然の故障、もう修理のほうかお金がかかるといわれて、泣く泣く買い換えることになりました。違うメーカーの方が安かったので、そちらでテレビとDVDも揃えましたが、またまた複雑な機能がたくさん追加されており、しばらくは使いこなせそうにありません。

目もしょぼしょぼするようになってきたので、取説もなかなか読んでいられません。
こんなに機能はいらないので、とにかくシンプルに録画機能だけ使わせてほしいものです。

今朝のテレビ朝日「グッドモーニング」で年賀状について林修先生が解説してました。普段、朝はめざましテレビを見たり、グッドモーニング、あさチャンなどいろいろ適当に流ら見をしているのです。確か金曜日は林先生が少し長い時間を使って豆知識を教えてくれていたと思います(もちろん林先生のコーナーは録画ですけど)。そこで、今日は年賀状について話をしていました。若手のアナウンサーの草薙アナウンサーの今年、先輩アナウンサーに出した年賀状を取りあげてお話ししてくれました。その年賀状の文面が「昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願い致します。」というような内容でした。ちょっと言葉のニュアンスは違っていたかもしれませんが。でも、よくあるありきたりの文章だったのです。ここで、林先生が「おかしいところはどこでしょう?」と出演者に質問していました。皆さん、いろいろ話されていました。でも、特に私は思い浮かばなかったのです。これが例えば「去年」という言葉だったら使うのは好ましくないのは知っていたのですが、他に思い当たらなかったのです。そうしたら林先生の解説によると最後に句点を付けてはいけないのだそうです。句点というのは、文を分かりやすくするために句点を付けるものなのだそうです。目上の人に「あなた、わからないでしょう?」って感じになるのだそうです。だから、年賀状では文末の最後に句点をつけないほうがいいのだそうです。私、今までつけちゃってました。まあ皆さん知らないでしょうからあまり気にするようなことではありませんが、一応、今年の年賀状は句点は書かないようにしようと思います。本音のところはは年賀状を書く自体が面倒なのですが。アコム 本審査