自宅から歩いて約20分のところにあるヨガスタジオで、不定期にレッスンを受けています。アットホームな雰囲気が気に入ってレッスンチケットを買いましたが、自宅から徒歩約20分というアクセスの悪さがネックになってスタジオに通えず、チケットを使い切れなかったことが何回かありました。
7月の初めに「今度こそレッスンチケットを使い切ろう」と思って、有効期限2か月の4回分チケットを購入。買ってすぐに2回分を消化しました。
ところがその後はスタジオになかなか足を運べず、8月に入ると雨の日が多くなり、スタジオからますます足が遠のいてしまいました。20分歩くのが面倒なので、雨の日にはレッスンの予約を入れないようにしているのです。
気が付いたら有効期限があと1週間になってしまいました。「チケットを使わないともったいない」と思った私は、つい先日、都合がついたのでようやくレッスンを受けることができました。
これでレッスンチケットの残りはあと1回分だけになったので、何とかして使い切りたいと考えています。

私の文章は、お世辞にも上手とは言えません。
文章を書くまでは、記事を読んでは、上手だ下手だと勝手なことを思っていました。
上手い人の文章は、胸にぐっときたり、すごい…と思わせてくれます。言葉少なになってしまうのです。
その逆の場合は、誤字が多いな、テレビで見たとおり書いているな、とか突っ込む言葉が増えていくように思えます。
ところが、いざ自分が文章を書くようになると、他人のことを言えないな…と感じるようになっていきました。
事象に対して、ぴたりと言い当てることが難しいです。
文章が上手い人は、表現がいくらでもあるから、事象へたどり着くのにいろんな道を持っているように思えます。
わかりやすく、楽しい文章を書く人は、普段から言葉を増やし、引き出しを多くするようにしているのでしょう。
私も文章を書き始めるようになってから、新聞を読んだり、考えていくようにしていますが、なかなか納得いく文章を書くことができません。
でもあきらめずに、これからも読ませる文章を書いていけるようにしていきたいと思います。アリシアクリニック 予約