先日まではあのオバマ前大統領の演説が巧みなので凄く尊敬していたのですが、プロンプターという機材がなければどんな短い演説すらできないという恐ろしい噂を耳にしました。
多分その噂には誇張があると思いますが、まさか3分間の演説すらまともにできない人がアメリカのリーダーとしてリスペクトされるとも思えないので、少なくともそれなりに適当に喋れるとは思いたいです。
その噂を聞いたジャーナリストは名の知れた人ですからあまりでたらめなことは言わないと思うのでまだもやもやした状態が続いていますが、
一般的に大統領の演説は専門のライターの書いた原稿を参考にしながらやるものだと思っていたので原稿の丸読みに近いことをオバマ氏は8年間も続けていたわけでとても信じられません。
ただ演説もろくにできない無能な大統領だったにしてはあと4年やって欲しいとかいまだに人気が高いのはいかなる理由からなのかがさっぱりわかりません。
演説のうまさこそが大統領の必要条件だと考えていたのですがアメリカ人はそうは考えないのでしょうか。