どうも、自分の声の大きさのコントロールができていない

自分の声は、自身では聞こえないために人にどんな感じで伝わっているかはわからない。肉親にだと聞こえにくいとか、わからないと言ってもらえるのだが他人だとそんな失礼なことをいう人はいないだろうからね。
家では、母が耳が遠いのでずいぶん大きい声でしゃべっているのではないかと思う。逆に外ではずいぶん小さい声でしゃべっているのかもしれない。
その辺のコントロールもできなくなっているのは、自分の耳も結構聞こえにくいようになっているのかもしれない。
一番、困るのが電話で直に顔を見て話せないから余計に自分の声のトーンをコントロールするのが難しい。昔から苦手なんだが、相手の声が非常に小さいとこちらからもう一度おっしゃってくださいと大きな声でいっている言葉はやけに慇懃無礼に言っているかのようでちょっと不安だ。
そう、特に電話だと面と向かって話しているよりずいぶん声がでかくてとげとげしいらしい。逆に普通の会話だと妙に声が小さくなるようだ。全身脱毛 脱毛ラボ